2016年8月の一覧

身体には癖があります!

ストレスがたまると腰が痛くなる、首、肩が凝る、胃が痛くなる。人によって様々な症状がでます。しかし、個人でみていくとストレスがかかると同じ症状を繰り返す方が多いです。名東健康カイロ院長阿南新一

一口に20回噛む!

食べ物を口にしたときは、最低でも20回は噛むようにしましょう。ものを噛む行為は、脳に伝わり、ヒスタミンという食欲を抑制する効果がある物質が分泌されます。また、噛む回数が増えることで血糖値の 上昇が緩やかになり、その作用でも食欲を抑えてくれます‼

名東健康カイロ院長阿南新一

一日のはじまりはいっぱいの水

朝起きたらすぐに一杯の水を飲みましょう。腸管を刺激して身体の目覚めを助けてくれ、一日の活動のスイッチを入れてくれるはずです。さらに、寝ていた間の脱水状態を改善し、代謝を高めてくれます。それは、便意を促し、朝食を食べるコンディションを体が整えるのを助け、食べ過ぎを防いでくれるはずです。

名東健康カイロ院長阿南新一

枝豆、納豆、豆腐は進んで食べて!

枝豆や納豆、豆腐などに含まれるサポニン成分は、体内での脂肪吸収を防ぎ、血管に付着した脂肪を取り除いてくれる働きがあります。さらに、高タンパク、抗酸化作用、便秘解消にも効くといった、いいことづくめの効能がいっぱいです!

名東健康カイロ院長阿南新一

運動療法

筋肉は単独で活動せず、多くの筋肉と連結し強調して動いています。腰や首の問題だけではなく、全身の不調を改善、予防することができるのが運動療法です。

名東健康カイロ院長阿南新一

上部胸椎をゆるめる

この部位には多くの筋肉が集中しています。マイナーな筋肉も踏まえると10を超える筋肉が関与するポイントです。多くの筋肉が集中する分、身体の隅々からの影響が集まりやすい部位です。一方でこの部位をやわらかく保つことで良い影響を全身に波及させられます。

名東健康カイロ院長阿南新一

上部胸椎をゆるめる。

上部胸椎(胸椎1~3周辺)は人体の中でもかなり固まりやすい箇所として知られています。 疲労が溜まると、この周辺に詰まった感覚を持つ方も多いと思います。

名東健康カイロ院長阿南新一

身体もですが!脳も休ませてあげて。

脳がリラックス していると!良いことがいっぱい。

①蓄積された疲労を回復することができる。②イライラせず、おだやかな気持ちでいられる。                                                                         ③自己統制力が増し、衝動的行動が少なくなる。                                                                         ④仕事や勉強に対する集中力がつき、能率があがる。                                                                 ⑤肉体的な傷みや精神的な苦痛がやわらぐ。⑥内省力がつき、自己向上性が増す。                                        

名東健康カイロ院長阿南新一

8月18日

おはようございます‼今日もよろしくお願いいたします。

8月17日

ありがとうございました!良い一日でした。明日もよろしくお願いいたします!

名東健康カイロ院長阿南新一、副院長阿南幸弘                      

 

1 / 212
Copyright© 2014 名東健康カイロ All Rights Reserved.